どのレベルまでの英会話を習得したいか

セミナー

日本でも様々な英会話教室や英会話教材などが出てきています。その中で最近特に注目されているのは、インド人が提案したプロジェクト2020と呼ばれるものになるでしょう。プロジェクト2020が魅力的なのは、その値段にもありますがそれ以上に、比較的短期間で英会話を習得することができることです。レベル別に分けられていますが、主に海外旅行に行った時に必要な英会話を身につけるものと、海外で生活する場合に必要な英会話を身につけるパターンの2種類が考えられます。実際にプロジェクト2020でも2種類のランクに分けて実用的な英語を身につけるようにしているのが特徴になります。もし、それ以上のビジネス英語などが必要な場合には不満に思うかもしれませんが、そうでなければ満足できる内容と言えるでしょう。

どのようにして選ぶのか

セミナーを聞く人

プロジェクト2020の値段は非常に安く、初期のころは無料になっています。期間限定で無料になっていますので、その機関に申し込めば無料で利用することができます。ただし、後にお金が発生することもありますので、情報をしっかりと確認しておく必要があります。少なくとも無料期間で行える場合には無料の期間までさかのぼってお金を支払わなければならないことはまずありません。まず海外旅行に行く場合には、プロジェクト2020の英会話が必要になるでしょう。海外旅行に行きある程度英語を話すことができれば問題ありませんが、多少でも英語を話して現地の人とコミュニケーションを取りたい場合には、必要最低限のレベルまで到達している必要があります。プロジェクト2020では、30個のフレーズさえ覚えれば海外旅行に行ったとき基本的な会話で困ることはないとしています。

現地に留学した時に話す英語

会場

もし、プロジェクト2020で学ぶにあたり、日常的な英会話を学びたい場合、例えば留学した時に現地の人とある程度コミュニケーションが取れるレベルに到達きたいと考えるならばちょうどよいといえます。なぜなら、プロジェクト2020は値段も安いうえに、海外に留学して最低限の日常会話が話すことができるようなプランがあるからです。このプランの特徴は、日常会話で必要な60個のフレーズさえ覚えればよいと考えています。確かに日本人でも、日本語のいくつかのフレーズさえ知っておけば海外に行って通用する可能性は非常に高いです。この60このフレーズをまず覚えて、それから本格的に海外に行って基礎的なことを学ぶのも一つの方法と言えるでしょう。1日1フレーズと考えても、60日間学ぶ必要があります。一見簡単そうですが、継続的に続けていく必要があるためしっかりとした目標を持ちながら続けましょう。

広告募集中